子供の矯正

将来のために行う、お子様のための矯正歯科治療

子供から大人になっていく過程で乳歯は永久歯に生え替わり、顎の形も変化していきます。だからといって子供の時点での歯並びの悪さや不正咬合は無視できません。なぜなら、その後の顎の成長や顔自体に大きな悪影響を与えてしまう可能性があるからです。

将来のために行う、お子様のための矯正歯科治療

歯並びの悪さや不正咬合などは、早い段階からその兆候を見ることができます。一見すると普通に見えても噛み合わせが良くないこともあります。気になる場合は、矯正歯科での早めのチェックをお勧めします。

子供のうちに矯正歯科治療を行うメリットとは?

子供のうちに矯正歯科治療を行うメリットとは?

矯正歯科治療は、一般的に子供のうちに行うことが多いものです。大人になってからでも矯正は可能ですが、子供のうちに開始することで治療の選択肢を広げることができます。

永久歯を抜く必要がなくなる 顎のバランスが整う
顎が成長しきっている大人の場合、矯正歯科治療のために永久歯を抜き、スペースを作ることが必要な場合があります。しかし、子供のうちに治療を開始すると永久歯を抜かずに改善できる可能性が広がります。 歯並びの悪さは、顎の成長に悪影響を与えてしまいます。早期の治療によって正常な発育を妨げる歯
並びを改善し、顎や顔のバランスを整えることができます。
矯正期間が短くなる コンプレックスがなくなる
子供の頃に矯正歯科治療を行っておくと、大人になってから再び矯正を受けたときの治療期間が短くなり
ます。また、治療そのものが必要なくなる場合もあり
ます。
子供も大人も同じですが、特に感受性が強い子供時代は、出っ歯や受け口といった歯並びがコンプレックスになりがちです。早期の矯正歯科治療は、こうしたコンプレックスを解消する役目も持っています。

矯正治療が必要な症例

before

after

10歳女子治療前

上顎前突、いわゆる出っ歯です。上の前歯の極端な前方への突出により、唇を閉じようとしても、歯が見える事があります。

1年7か月後

取り外し可能な装置で、上下の顎を広げ、上の前歯を下げるスペースを確保。下顎を前方に成長させ、咬み合わせを改善しました。

before

after

9歳男子治療前

骨格性の反対咬合です。歯並びにも凸凹があるため、歯ブラシが難しく、磨き残しになりやすく、歯ぐきの腫れる場合があります。

1年11ヶ月後

前歯の凸凹を改善し、上顎を前方に引っ張り出し、咬み合わせを改善しました。

大人の矯正歯科治療はこちら

診療予約